フォトブック制作に【PowerPointのススメ!】

投稿者: | 2018年6月11日

近年PowerPoint(PPT)プレインストールのPCも増え
企業や学校などでは広く利用されています。

DTPソフトとしての側面をもち、フォトブック作成等には
最適で、Wordを使った経験のある方であれば、PPTの操作は
特別難しいものではありません。

Wordの上位カリキュラムとして組み入れているお教室も
あります。(最初にWordとPPTの違いのみを説明する)

利便性のよいソフトですがプレゼンなどの目的がないと
PPTを学ぶ機会をご提案する事が難しいと思います。

そこで、教室様には PPTを学ぶきっかけ作りに「フォトブックをPPTで」
とご提案頂きたいと思います。

操作が比較的わかりやすいことやレイアウトを簡単に調整できる手軽さから、
最近ではビジネスシーンにとどまらず、家庭で作る年賀状やクリスマスカード、
お店に貼り出すポスター、結婚式での新郎新婦の紹介スライドなど、
プライベートシーンでも PPTが活躍しています。

自宅のパソコンにはPPTが入っていない生徒さんも少なくはありませんが、
教室の社会的な役割は 「フォトブックを製作」するという成果物を提供する
ハード的な部分も必要ですが

「本づくりの楽しさを学ぶ」
「写真整理の時間を作る」
「シナリオをつくる思考で写真を撮る」
「ITの便利さを学ぶ」

など

ソフト面 である「学ぶ」という事を充実させるべきであると考えています。

教室で製作出来るフォトブックとしてPPTを学びながら
フォトブックが製作出来るという位置づけでご提案頂ければ
”新たなカリキュラム”としてご提案も可能です。

PPTで製作する事を推奨する理由

・ワードと違いページ区切りの概念がしっかりしている
・ページの順番を簡単に入れ替えながら、ページ構成の骨格を作成できます
・文字列の折り返しがいらない
・テキストボッククスの塗りつぶしの色が最初から透明

等々

何と言ってもレイアウトのしやすさがあります。
効率よく作成出来ますので、短時間で作品を作成する事が可能です。

尚、プレゼンソフトなので、スライドショーを始め画面閲覧でも楽しめる。
タブレットやスマホでも閲覧可能 というのも売りです。

是非、これを機会に「PPT パワポ」提案で マルチブックをご紹介してみて下さい。
PPTが使えると作品制作の幅も拡がり生徒さんにも喜ばれる事間違いなし!

 

世界一わかりやすい!PowerPointの使い方(完全ガイドブック)